【2019年版】クレヨンしんちゃんの映画おすすめランキング ベスト10を感想とともに紹介。あの感動の名作は何位?

クレヨンしんちゃん 映画

 

こんにちは。クレヨンしんちゃん大好きなアラサーです。

 

幼稚園児の頃からのしんちゃんの大ファンで漫画、アニメ、映画と一通り楽しんできました。映画は全作品見ています。

今回はこんな私がクレヨンしんちゃんの映画を勝手にランキング形式で紹介していきます。

ネタバレなしでの紹介ですので(大まかなストーリーは記載)、まだ観ていない方も安心して記事を読めます。

 

クレヨンしんちゃんは見る時の年齢によって同じ作品でも感じ方が変わってくるのが魅力の一つだと思っています。

小さい頃はしんちゃん目線でしたが今ではヒロシ目線です(笑)

 

しんちゃんの映画は基本全部おもしろいですが、大きく分けるとお笑い系と感動系に分かれると思います。

ジャンルを大まかに分けていますので、見る時の参考にしてみてください。

 

ランキングの最後にクレヨンしんちゃんの映画をすべて無料で見る方法も書いてありますので是非参考にしてください。

 

 

おすすめクレヨンしんちゃん映画ベスト10

 

第1位 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年)

 

ある日、春日部で突然「20世紀博」というテーマパークが開催された。
昔のテレビ番組や映画、暮らしなどを再現し、懐かしい世界にひたれる遊園地に大人たちは大喜び。でも、しんのすけをはじめとする子供たちには、ちっとも面白くない。毎日のように夢中になって遊びに行く大人たち…。
そのうちにひろしは会社に行かなくなり、みさえは家事をやめ、しんのすけがひまわりの面倒をみる始末。実はこれは、“ケンちゃんチャコちゃん”をリーダーとするグループの、大人だけの楽しい世界を作って時間を止めてしまう、恐るべき“オトナ”帝国化計画だった!

引用元 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲- Amazon

 

クレしん史上1番の感動の名作。

感動+ノスタルジー+笑い

まさに笑いあり涙ありという言葉がふさわしい映画だと思います。

昭和時代を生きていない私でさえ、懐かしいと感じる描写が多いです。

ひろしの回想シーンと、しんのすけがタワーを転びながら全速で駆け上がる所は、心にぐっと来るものがあります。

これ、子供の時に見た時も普通に面白かったが、大人になった今見るとまた別の面白さと感動があります。

ひろしの回想シーンは泣ける…

カスカベ防衛隊も大活躍しつつ野原一家の絆が見れる名作です。

 

第2位 ヘンダーランドの大冒険(1996年)

 

闇に覆われたどこかの国。ゴーマン王子がお姫様を救うため二人のオカマ魔女・マカオとジョマに立ち向かったが、マカオとジョマの魔法によって、呪いをかけられてしまう。

しんのすけは、ふたば幼稚園の遠足で群馬に出来た新しい遊園地「ヘンダーランド」(設定では群馬県桐生市に所在)に遊びに来ていた。そこでひまわり組のみんなとはぐれたしんのすけは、サーカスのテントの中でトッペマ・マペットという不思議なねじ巻き人形と出会う。

引用元 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険 – Wikipedia

 

幼稚園児だった私にトラウマを植え付けた名作

ホラー+ホラー+笑い

小さい子供にはなかなか怖いと思います。

特にひろしとみさえが、人形になってしんちゃんに襲い掛かってくる所なんて、めちゃ怖かった思い出。 

しかしホラー要素も多いですが、おバカ要素も同じくらい多いです。

アクション仮面、ぶりぶりざえもん、カンタムロボとの共闘は熱い展開。

一家一丸となって悪と戦う、クレしんらしい映画です。

最後のオカマとのバトルは面白過ぎです(笑)

 

「みさえ・・・今、俺達の息子が少し大人になったところだ・・・」

という名言がさらっと飛び出してくる素晴らしい映画。

 

第3位 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦(2002年)

 

春日部で平和に暮らしていたしんのすけが何故か突然戦国時代へとタイムスリップしてしまう。そこでひょんなことから、歴史上討たれるはずだった侍を救ってしまう。

引用元 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦-Amazon

 

これはちょっとズルい。泣かせにきてる。

感動+感動+笑い

大人帝国と並んで、クレしん映画の感動枠です。

戦国時代にタイムスリップするという壮大なストーリー。

クレしんでは普段ない「人の死」をテーマにしているので賛否両論あるかもしれません。

ですが個人的に大好きな映画なので第3位です。

草彅剛主演で実写映画化もされています。

車で敵陣に突入するところはワクワクします! 

 

第4位 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ(2004年)

 

 

 

映画館「カスカベ座」で遊んでいたかすかべ防衛隊だが、トイレに行ったしんのすけを残して、みんな忽然と姿を消してしまう。夜になり行方不明になったみんなを心配した野原一家。映画館を探しに来たが、延々と上映されている西部劇の映像に目を奪われているうちに、気が付けば一家は映画と同じ西部劇の街に立っていた・・・。
春日部に戻ろうと街をさまようしんのすけたちの前に、変わり果てたかすかべ防衛隊のみんなが!

引用元 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ-Amazon

 

かすかべ防衛隊が大活躍します

友情+シリアス+笑い

野原家とかすかべ防衛隊がメインの家族愛と友情がテーマの映画です。

しんのすけはヒロインのつばきちゃんに今までになく真剣に恋をします。

結構シリアスな展開が続き、ラストはちょっと切ない感じ。

内村さん率いるNO PLANの〇あげようという歌も、映画に合っていていいですね。
 

第5位 暗黒タマタマ大追跡(1997年)

 

 

 

新東京国際空港(現成田国際空港)にて、ホステスの一団と飛行機から降り立った外国人の男が取引を行っているところに奇妙な3人組が乱入し、乱闘を繰り広げた末に男が持っていた物を奪い去っていった。この怪事件に際し、閑職に追いやられていた千葉県警の女刑事「東松山よね」が担当させられることになる。

同じ頃、北埼玉大学に強盗が侵入し、最近発掘されたある1体の埴輪が盗まれるという事件が発生。そのニュースをテレビで観て、埴輪の特徴である下腹部に空いた2つの穴を見たしんのすけは、「タマタマが取れた跡だ」と口にする。

その翌日。シロと散歩していたしんのすけは、土手で寝ているオカマの傍で光る玉を拾った。

引用元 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡 – Wikipedia

 

終始おもろいwww

笑い+オカマ+笑い

ひまわりが初登場の映画です。

展開的にはシリアスなはずなのにお笑いに全振り(笑)

3人のオカマはキャラ濃すぎ!

アクションシーンも多く見ごたえがあります。

両親がひまわりにばかりに気を使ってしんのすけが嫉妬しますが、兄として成長していく姿がみえます。

囲炉裏のシーンはかなり笑えます(笑)

 

クレヨンしんちゃんで笑いたいときにはかなりオススメの映画です。 

 

第6位 電撃!ブタのヒヅメ大作戦(1998年)

 

 

 

国連直属の秘密組織SML(Seigino Mikata Love:正義の 味方 LOVE)の一員、コードネーム・お色気は、秘密結社ブタのヒヅメの飛行船から、ある秘密兵器を動かすために必要なディスクを盗み出し、東京湾へと脱出した。

一方、お台場沿岸を航行中の屋形船では、ふたば幼稚園の先生と園児達が大宴会で賑やかに騒いでいた。するとその場に突然、海からお色気が上がりこんでくる。困惑する一同をよそに、さらに巨大な飛行船が現れ屋形船をわしづかみにする。先生や園児達は釣り上げられた屋形船から脱出するが、トイレに入っていたしんのすけとそれを待っていた風間ら5人の園児、同じくトイレにいたお色気達が残されたまま、屋形船ごとさらわれてしまう。

引用元 クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦 – Wikipedia

 

トイレの攻防シーンはおもろすぎwww

笑い+シリアス+感動

制作側もトイレのシーンの作画に本気出しすぎ笑)

基本ふざけててお笑い要素が多めですが、家族愛とかすかべ防衛隊の冒険、

そしてぶりぶりざえもんとの友情がみられる素晴らしい映画。

ぶりぶりざえもん…救いのヒーローかっこいいぜ。

暗黒タマタマ同様アクションシーンも豊富でみてて飽きないですね。

 

第7位 雲黒斎の野望(1995年)

 

 

 

30世紀の未来のタイムパトロール隊員であるリング・スノーストームが、タイムマシンに乗って時空間をパトロールしていたところ、戦国時代に何らかの異変が生じていることを感知。調査に向かう彼女だったが突然、謎の時空魚雷の強襲に遭ってしまう。なんとか攻撃を振り払うも不時着した場所は、作中で「現代」に当たる野原家の地中深くであった。

引用元 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望 – Wikipedia

 

うんこ・・・くさい?

笑い+笑い+シリアス

1995年公開の映画と昔の作品ですがむしろ最近の映画より全然おもしろいですし、作画もヌルっヌルです。

この作品はアッパレ戦国と同様に、戦国時代にタイムスリップします。

SFとタイムパラドックスがテーマで、かなり内容もしっかりしています。

シリアスとおふざけの配分が丁度よくシリアスになり過ぎないところがとても良いですね。

大人しんちゃんが登場します。服装がきもすぎる所がいい(笑)

「ABBAAB→→←」は名シーンです。

 

第8位 爆発!温泉わくわく大決戦(1999年)

 

 

 

ある夜、慰安旅行で秩父に来た、ふたば幼稚園の先生達がゆっくり温泉に浸かっていると、大きな地響きと共に、謎の巨人が通り過ぎて行った。

翌日、散歩をしていたしんのすけは、道の真ん中で行き倒れているおじさんを発見。温泉の精・丹波と名乗り、風呂に入りたいと言うそのおじさんをしんのすけは家に招き、一緒にお風呂を楽しむ。だがいつの間にか、おじさんはいなくなってしまっていた。

数日後、しんのすけ達野原一家は、警官を装った者達の手によって、どこかへさらわれてしまう。

引用元 クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦 – Wikipedia

 

クレしんらしいおバカ感満載! 

笑い+笑い+笑い

終始おばかな感じで面白いです(笑)

深く考えずに楽しみたい時にはもってこいです。

同時上映のクレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉も面白い!

むしろ個人的にはこちらの方が好きかも(笑)

12分なのに6個のテーマの短編アニメが流れます。テンポよくてカオスな感じが最高です。

 

第9位 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード(2003年)

 

 

 

ある朝の野原家、いつもに輪をかけて貧相な朝食に、とてもご機嫌斜めなしんのすけ・ひろし・ひまわり・シロ。だがそれは、みさえが数か月前から家計をやりくりし、浮いた食費で購入した夕食の最高級焼肉の為であった。少し予算オーバーしたためにそのような朝食になったことに納得する一同。

しかしそこへ車で野原家の塀を突き破り、突然謎の男が助けを求めて転がり込んでくる。それを追撃してきた謎の一団に危険を感じた野原一家は、冷蔵庫に入っている最高級焼肉を残して、その場から逃げ出した。

引用元 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード – Wikipedia

 

バカすぎわろたwww 

笑い+笑い+笑い

他のクレしん映画に多い感動シーンやシリアスなシーンを全て捨て去り、おバカに注いだような映画。

ただ笑いたい時には最適ですね。

急に作画に本気を出すから困る(笑)

逃走の道中はおもしろいが、ラストはうーん?って感じ。

 

第10位 ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん(2014年)

 

 

 

ギックリ腰で腰を痛めたひろしは突如現れた謎の美女に連れられ、マッサージも兼ねてエステの「無料体験」を受けることに。

エステを終えて家に着いたひろしだったが、そこで自分の体がロボットになっていることに気づき驚く。ロボットになった自分を前に警戒心むき出しのみさえに対し大喜びのしんのすけ。

そんな中ひろしは、自分の体がロボットになった原因があのエステサロンであったことに気づく。それは、邪険に扱われる日本の弱い父親達の復権を企てる『父ゆれ同盟』の恐るべき陰謀だった。

引用元 クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん – Wikipedia

 

腕相撲のシーンは最高

感動+笑い+切ない

この作品も、アッパレ戦国と同様にテーマがあまりクレしんらしくないので評価が分かれそうですね。

ネタバレなしなので詳しくは書けませんが、ロボットになってしまったヒロシの心の苦悩とかがテーマです。まあ泣けます。最後の腕相撲のシーンは切なすぎる。

ただテーマが重いうえ、無理やり五木ひろしを登場させたり敵役が微妙っだたりでこの順位となりました。

 

無料でクレヨンしんちゃんの映画を見る方法

 

Amazonプライム会員になると、クレヨンしんちゃんの映画がすべて見放題です。

月500円または年4900円です。

ただ30日間無料体験があるので、みたいクレしん映画をみて期間中に解約すれば無料で見れます。

 

Amazonプライム会員

公式サイトはこちら

 

 関連記事

www.kumao-blog.com

 

おわりに

 

ロボとーちゃん以外は昔の映画メインになりました。

私が小さいときに見ていた思い出補正もあるかもですが、やはり昔の作品の方が面白いと思います。

今は色々と規制もあるからかな?

オカマも出てこなくなっちゃったし(笑)

 

嵐を呼ぶジャングル、ブリブリ王国の秘宝は入れるかかなり迷いました。

あくまで個人的なランキングなので、上に出てこなかった映画も面白いの多いですよ!

 

家族でみれば~?

じゃっ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です